Blog リフォームスタッフブログ

カーテン




リビングの掃き出しサッシにマリメッコ製ボットナデザインのレースカーテンを付けました。

通常レースカーテンは室外側に、ドレープカーテンを室内側に付けますが、今回はレースカーテンのデザインを楽しむ為にレースカーテンを室内側に付ける「レースインスタイル」にしてみました。

「レースインスタイル」にする場合は透け感のあるデザインレースに、厚地のドレープカーテンは無地のシンプルな生地で組み合わせることが重要です。レースカーテンを室内側に付けることでレースのデザインをより際立たせる効果があります。このようにすることでお気に入りのデザインレースを夜でも楽しむことが出来ます。

今回はデザインレースを「フラットカーテン」とする事によりデザインをはっきり際立たせるようにしています。
「フラットカーテン」とはカーテン上部のヒダを取らないカーテンの事を言います。ヒダをなくしたフラットな布はカーテンの柄や模様をきれいに見せてくれ、素材の風合いを引き立たせながら、空間をすっきり見せることが出来ます。使う生地の量も少なくリーズナブルに楽しめます。

玄関横にある勝手口にも同じデザインのレースカーテンを「のれん仕立て」で付けています。リビングの掃き出しサッシと玄関横の勝手口が外部から見ると並んでいるため、同じデザインのものにしましたが、昼夜問わず外部から見える印象もおしゃれなイメージに仕上がっています。

今回のレースカーテンは高松市今新町の「アーバンハウス」さんに作成して頂きました。

カーテンを変えるだけでもお部屋の雰囲気はかなり変わります。
お気に入りのデザインのカーテンを皆様も付けてみませんか?

by モコとハルのパパ


一覧に戻る