Concept中庭住宅のこだわり

Technique 01JAS認定国産ヒノキ

中庭住宅では、JAS認定を受けた希少な国産ヒノキの天然無垢材を使用しています。
この品質が長寿住宅を実現させます。

品質への自信

含水率15% ※一般市場は20%

含水率15% ※一般市場は20%

含水率が低いほど、木材の強度は強くなります。中庭住宅は含水率15%以下の厳選されたヒノキを使用。これにより強度低下を防ぎ、高い安定性を可能にしました。

柱も土台も国産ヒノキ100%

柱も土台も国産ヒノキ100%

ヒノキが日本の建材として選ばれてきた理由...
それは長期間に渡って強度が維持される点や、抗菌性や防虫性に優れている点が挙げられます。またヒノキの芳香は、私たちにリラクゼーション効果や安心感をもたらしてくれます。

JAS認定ヒノキ

JAS認定ヒノキ

当社はJAS(日本農林規格)の定める厳しい規格をクリアしたヒノキのみを使用しています。
ヒノキ材にはロットナンバーが印字されており、産地から製造年月日、製造工程に至るまで全て確認できます。

Technique 02断熱材について

人と地球にやさしい断熱材「ダンパック」を標準仕様

人と地球にやさしい断熱材「ダンパック」を標準仕様

中庭住宅では、夏に涼しく冬に暖かい、しかも環境にも優しい高性能なセルローズファイバー断熱材(ダンパック)を採用しています。
※セルローズファイバーは天然の木質繊維を原料としています。

セルローズファイバー断熱材(ダンパック)とは?

ダンパックとは、新聞紙などの古紙をリサイクルし、防燃処理をほどこした安全で、高性能なセルローズファイバー断熱材です。
中庭住宅が使用しているダンパックは、古紙を細かく繊維状にし、バラの綿状にして防燃処理されます。木質繊維から作られるので、繊維の中に自然のまま空気胞が含まれ、優れた断熱性や防音性を発揮します。

セルローズファイバー断熱材(ダンパック) 7つの特徴

  • 1.高い断熱効果
  • 2.優れた吸音効果
  • 3.結露防止
  • 4.優れた耐火性能
  • 5.高い撥水性
  • 6.防虫効果
  • 7.防カビ効果
ダンパックは、一般断熱材の約2倍もの断熱効果!
ダンパックの効果で夏は涼しく、冬暖かく

ダンパックの性能を他の素材と比較すると一目瞭然!

※横にスクロールしてご覧ください。

断熱材 断熱 遮音 吸音 壁内
結露
防火 紡績 防虫 環境
配慮
価格
セルロース
ファイバー
(ダンパック)
4,000円
グラスウール 800円
ロックウール 1,200円
ポリスチレンフォーム 1,500円
ウレタンフォーム 2,100円
シープウール 2,600円

Technique 03地震に強い家づくり

構造用パネルによる高い壁倍率

構造用パネルによる
高い壁倍率

木造軸組工法に高強度の構造用パネルを設置することで、優れた耐震性を実現しました。

局部的な重さ・横からの力に耐える「28㎜の構造用剛版」

局部的な重さ・横からの力に耐える
「28㎜の構造用剛版」

1階、2階の床の下地材は「28㎜の構造用剛版」を採用しています。構造体と床面を一体化させることにより、局部的な重さに対してたゆむことはありません。また"地震"や"台風"などの「横からの力」に対しても面で支える形となり、建物全体の強度を増しています。

地震エネルギーを吸収する『TRCダンパー』

地震エネルギーを吸収する
『TRCダンパー』

特殊高減衰ゴムで振動エネルギーを吸収し、木造住宅を守る制震装置が『TRCダンパー』です。震度6強の地震で、水平変位を最大50%程度減少させる効果があります。繰り返しの地震や余震などにより性能が落ちる「耐震」よりも、複数回の余震でもダメージが蓄積しにくく、より地震に強い家づくりとしてご提案しています。

Technique 04瓦へのこだわり

地震に強い家づくり

屋根材には、三州産陶器瓦や日本瓦を採用しております。

陶器瓦は、自然素材である粘土と釉薬を高温で焼き締め、表面がガラス質の被膜で覆われた屋根材です。変色や変質を起こしにくく、半永久的に美しい外観を保つことができます。塗り替えの必要もありません。耐久性も抜群。

豊富なデザイン・カラーの中からお選びいただけます。