2030年のスタンダードな住まい「ZEH(ゼッチ)」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

住宅を購入するなら「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」が当たり前という時代。
中庭住宅のZEHは、ZEHの基準はもちろん、さらに高断熱性・省エネ性・快適な住環境を実現できる高性能住宅です。これからのスタンダード住宅を私たちと一緒に考えてみませんか。

ZEHコラム

政府の方針では、2014年4月に閣議決定した「エネルギー基本計画」において、『住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す』とする目標を掲げています。
また、経済産業省資源エネルギー庁は2015年4月に「ZEHロードマップ検討委員会」を設立し、12月にはZEHの普及に向けたロードマップを取りまとめ、公表しています。
ZEH builder ゼロエネルギーで、暮らそう。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ってどんな家?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「創エネ」「省エネ」の効果を組み合せて、「住まいの年間の一次エネルギー消費量」を正味(ネット)で「ゼロ」以下にする住宅の事です。

つまりZEHとは・・・

つまりZEHとは・・・

ZEHのイメージ

ZEHのイメージ

使うエネルギー(一次エネルギー消費)− 省エネ(断熱・高性能機器など) + 創エネ(太陽光発電など) = 一年間の消費エネルギー0以下

一次エネルギー消費とは

発電のために必要な、石油な石炭、天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽熱など、自然界に存在しているままのエネルギー源のことです。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。つまり、家庭で消費するエアコンや給湯、照明などの二次エネルギー消費量を減らすことで、そのエネルギーをつくる一次エネルギーを減らすことにつながります。

一般的な住宅とZEHの消費エネルギー比較

消費電力がグンとダウン!

断熱・効率設備機器による省エネ効果

消費電力がグンとダウン!断熱・効率設備機器による省エネ効果

ZEHのメリットって何?

ZEHには、様々なメリットがあります

  • 【メリット1】家計に優しい 家庭の消費エネルギー収支がゼロ!だから光熱費も削減できる!
  • 【メリット2】健康・安心・安全 高断熱住宅に住まうことで、部屋間の温度差を軽減!ヒートショックなど体への負担をかけにくい!
  • 【メリット3】環境にやさしい 消費エネルギーを削除し、太陽光発電などの自然エネルギーを利用する事で、CO2削減・温暖化防止など地球環境に優しい住宅を実現。
  • 【メリット4】将来の資産価値 国は現在、築後20年でほぼ無価値となる戸建て住宅の査定方法の改定を進めており、買い替え・売却時に築年数ではなく「質の高さ」が取引価格に反映されるよう評価の仕組みを見直す方向です。
  • 【メリット5】補助金を利用できる ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の補助金制度を利用できます。
  • 【メリット6】防災・減災性能 万一の災害や停電時も安心!蓄電池の設置により、夜間なども比較的長時間、メインとなる部屋で電気の使用が可能となります。
  • ※ZEH支援事業の補助金制度は、様々な条件を満たした上で申請が必要となります。
    申請後、審査が行われますので審査の結果によっては、補助金を受けられない場合があります。

普及目標は?

中庭住宅のZEH普及目標および達成状況は、下記の通りです。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標:5%
達成状況:28%
目標:10% 目標:20% 目標:30% 目標:50%

※上記、目標数値はNearly ZEHを含む