Blog リフォームスタッフブログ

木目柄クロス

リビングの高さ3.4mの天井にブラックのスピーカー、ダウンライト、シーリングファンが木目柄のクロスとマッチしています。

アール部分の上は小屋ウラ収納部屋の階段が納まっています。

by Tetsu



お家の暑さ対策

梅雨の中休み、雨は降らないものの蒸し暑い日が続いていますね。
家の中で熱中症になる人が一番多いそうです。
梅雨明け間近、強い陽射しの夏に向け、
本日ご紹介するのは、LIXILさんの[スタイルシェード]です。

弊社事務所玄関にも取付ています。



女性スタッフも簡単に出し入れ出来て、
暑い日差しを外部で遮断出来るので、冷房効果もアップします。
目隠し効果もあり、視線が気になる時にも良いです。
取付工事も一日で完了(^o^)お値段もお手頃なスタイルシェードで
夏に日差しをカットして心地よい室内に!いかがでしょうか?




カラーとデザインも豊富に揃っており、外観にも合わせやすくなっています。

気になったお客様は、お気軽にお問合せください。

住宅事業部 髙岡


床材のおはなし

本日は床材についてのおはなしを少し。

先日とある現場にてキッチンの入れ替えを行いました。
水廻りを新しくするにあたり、床材も新しい物に◎
既存の床に合わせるのではなく、デザイン性のあるフロアタイルにしました。



水廻りにお勧めの床材とは、、、?
*耐水フロア
*磁器質タイル
*フロアタイル
*クッションシート
などなど、、、事例は様々です。

今回使用しましたフロアタイルは水にも汚れにも強く、お手入れカンタン◎
ウッド調の物から石目調の物まで、デザインも幅広く、質感・素材感もリアルな仕上がりになっています。

こちらがBEFORE⇒AFTER



水廻りの入れ替えと併せて照明器具もLEDにすることで、より明るいお部屋に◎

カタチある物を大切に
お客様の暮らしがより素敵になりますように


---* Instagram更新中 -------------

インテリア担当 堀上


カーテン




リビングの掃き出しサッシにマリメッコ製ボットナデザインのレースカーテンを付けました。

通常レースカーテンは室外側に、ドレープカーテンを室内側に付けますが、今回はレースカーテンのデザインを楽しむ為にレースカーテンを室内側に付ける「レースインスタイル」にしてみました。

「レースインスタイル」にする場合は透け感のあるデザインレースに、厚地のドレープカーテンは無地のシンプルな生地で組み合わせることが重要です。レースカーテンを室内側に付けることでレースのデザインをより際立たせる効果があります。このようにすることでお気に入りのデザインレースを夜でも楽しむことが出来ます。

今回はデザインレースを「フラットカーテン」とする事によりデザインをはっきり際立たせるようにしています。
「フラットカーテン」とはカーテン上部のヒダを取らないカーテンの事を言います。ヒダをなくしたフラットな布はカーテンの柄や模様をきれいに見せてくれ、素材の風合いを引き立たせながら、空間をすっきり見せることが出来ます。使う生地の量も少なくリーズナブルに楽しめます。

玄関横にある勝手口にも同じデザインのレースカーテンを「のれん仕立て」で付けています。リビングの掃き出しサッシと玄関横の勝手口が外部から見ると並んでいるため、同じデザインのものにしましたが、昼夜問わず外部から見える印象もおしゃれなイメージに仕上がっています。

今回のレースカーテンは高松市今新町の「アーバンハウス」さんに作成して頂きました。

カーテンを変えるだけでもお部屋の雰囲気はかなり変わります。
お気に入りのデザインのカーテンを皆様も付けてみませんか?

by モコとハルのパパ